FC-SP 世界に羽ばたく未来創成科学者育成プロジェクト

九州大学

  • 九州大学
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

TOPICS

次世代科学技術探求コース

最近の活動情報

平成29年度シードコースが開校しました!
お知らせ2017年8月25日

平成29年8月19日(土)、九州大学伊都キャンパスにおいて『平成29年度 世界に羽ばたく未来創成科学者育成プロジェクト(FC-SP)』の開校式および第1回交流・共通プログラムを開催しました。

スケジュール
1 開校式
2 第1回交流・共通プログラムⅠ
  講演「Zero to Oneの発想で未来を切り拓こうー無限に広がる新しい分子設計への挑戦と革新的な有機ELデバイスの誕生―」
講師:九州大学最先端有機光エレクトロニクス研究センター長 安達千波矢先生
3 第1回交流・共通プログラムⅡ
アドバンストコース生による研究発表

司会:森本優貴美(MIT1年)/長原颯大(東京大学理科Ⅰ類1年)
※ともにH27年度AD修了

発表1:The Influence of Cervus Nippon on Vegetation
德永貫太 福岡県立筑紫丘高校2年 フィールドコース出身

発表2:Similar formula of Machin’s
工藤祥太郎 福岡県立修猷館高校2年 数学コース出身

発表3:Effect of Laser Irradiation on Surface of YBCO Superconducting Films

雪吉稀允 福岡県立筑紫丘高校2年 次世代科学技術探求コース出身
4 各コースオリエンテーション

今年も九州・山口地域から多数の応募があり、これまでで最も多い158名の意欲ある高校生の応募がありました。開校式では、その高い競争率の中から選抜された1年目をスタートする「シードコース」の高校生56人と、2年目に入った「アドバンストコース」の高校生10人が勢ぞろいし、平成29年度の活動が本格的に始まりました。

開校式後には、最先端有機光エレクトロニクス研究センター長の安達千波矢先生から「Zero to One の発想で未来を切り拓こう-無限に広がる新しい分子設計への挑戦と革新的な有機ELデバイスの誕生-」と題した講演を行い、「研究の醍醐味は0を1にする創造である」、「人は感動の集積でできている。感動が個性を磨き、力になる」など科学者を目指す受講生へ力強いエールを送りました。参加した高校生は目を輝かせて聴講し、また、多くの高校生から質問もあがりました。

また、当日は修了生も駆けつけ、修了生による司会進行のもと、アドバンストコースに所属している高校生の研究発表会を英語で実施しました。

各コースのオリエンテーションでは、自己紹介のあと、1年間の研究の進め方の説明があり、担当の先生や受講生との交流を深める時間となりました。

山縣理事のご挨拶

山縣理事のご挨拶

安達先生の講演の様子

安達先生の講演の様子

安達先生へ質問の様子

安達先生へ質問の様子

アドバンストコース生の発表

アドバンストコース生の発表

オリエンテーションの様子①

オリエンテーションの様子①

オリエンテーションの様子②

オリエンテーションの様子②