FC-SP 世界に羽ばたく未来創成科学者育成プロジェクト

九州大学

  • 九州大学
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

プログラム・コース紹介

プログラム・コース紹介

次世代科学技術探求コース

課題探求型プログラム

課題探求型プログラム

科学の知識や理解を応用し、どのようにして
実際に役立つモノ、よりよいモノができるのか、
様々な課題解決を目指して、科学・技術研究に挑んでもらいたい

課題探求型プログラムとは

 皆さんは、「科学・技術」あるいは「科学技術」という言葉を聞いたり、あるいは、目にしたことはないでしょうか。きちんと考えてみると、「科学:サイエンス」と「技術:テクノロジー」はそれぞれ異なったものだと思われますが、この2つにはとても強い関係があるようにも思われます。

 科学が、私たち自身を含めたあらゆる物の成り立ちや、私たちが住むこの世界に成り立つ法則や原理を理解するための知的探究だとすると、その理解を具体的な形にして利用し、応用して役立てようとするのが技術探究だと言えます。ただし、技術探究は単独で存在するのではなく、そこには、常に科学の知識や理解が含まれているのは当然です。この意味で、科学・技術あるいは科学技術と言う言葉は大変重要な意味を持っているといえます。科学・技術的探究には、どのようにしたら実際に役立つモノとして形作れるか、どのようにしたらよりよいモノにできるのかといったような、様々な課題に挑戦することだとも言えます。

 「課題探求型プログラム」では、次世代科学技術探求コース(工学部)、未来の生活を考えるデザインコース(芸術工学部)、先端バイオテクノロジー実践コース(農学部)、生物生産と生物環境のフィールド科学コース(農学部)の4つのコースを準備し、皆さんに、課題解決を目指す科学・技術研究に挑んでいただきたいと思います。これらの研究を通して、科学・技術研究の方法や重要性を体験し、また、その魅力に触れていただければと期待しています。

 続いて、それぞれのコースについて説明しますので目を通してみてください。それぞれのコースでは、それぞれ異なった科学研究分野の知識や理解を土台としています。しかし、知識や理解を形にするという共通の目的を目指すという点では、どのコースも大変魅力的です。皆さんの参加をお待ちしています。

コース紹介